学院案内
ごあいさつ
本学院は、昭和30年に開校した歴史ある看護師養成校です。
学院長
八幡医師会看護専門学院
学院長
阿南 郷一郎
阿南内科医院 院長
 本学院の特色を簡単に述べ御挨拶とさせていただきます。
八幡医師会看護専門学院は昭和30年に創立された歴史ある学校です。八幡を中心に北九州市内、福岡県内外に数多くの優秀な看護人材を輩出してきました。
准看護師科(2年課程)と看護師科(全日制3年課程)があります。
八幡駅から徒歩10分、市立八幡病院の瀟洒な建物と九州国際大学のキャンパスの間に立地しており、仰ぎ見れば皿倉山の四季の移ろいが真近に眺められるとても良い環境です。
専任教員スタッフによる温かく、きめ細かな指導、優秀な外来講師陣・関連実習病院により内容の濃い勉学、実習が出来ます。
県准看護師試験および看護師国家試験の成績は毎年ほぼ100%を達成しております。
本学院の一番の特色は「働きながら学べる(准看護師科)」ことです。准看護師科は午前中医療機関に看護助手として勤務可能な時間割りとなっています。
勉学専念も勿論結構ですが、働きながら学び得た資格は本当に尊いものと考えます。
准看護師科の受験生・入学生は、近年、「社会人」「大卒、短大卒など高学歴」「主婦」「介護職、看護助手などからの転職」の割合が増加しております。
不況が続く現在、就職率がほぼ100%で全国どこでも働ける准看護師の資格は大いに価値があるものと考えます。
准看護師の資格を得て地域医療の最前線、介護施設、訪問看護の現場で働くもよし。高度先進医療などの病院を目指す方は看護師科を受験して下さい。
近年、認定看護師、などの資格もあり、特定看護師(仮称)なる資格も検討されているようです。努力次第でキャリアアップが大いに可能です。
優しいハートの持ち主で看護職へのモチベーションの高い学生、社会人の皆さん、本学院の門を叩いてみませんか。
Top